部屋づくり、おいしいもの、日々の小ネタ。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
もうすぐ運動会です

保育園の運動会は年長が主役。
毎年恒例の種目があり、子供たちは小さなときから年長さんを目標にしている。
親もまた、年長になったらアレをやるのかぁ〜と楽しみにしている。

 

 

そんな恒例の種目とは、

  • 障害物競走
  • リズム・縄跳び
  • リレー

障害物競走(厳密にはひとりずつやるので競争ではない)は、サクっと出来る子も居れば、先生にちょっとお手伝いしてもらう子も居る。
最後まで諦めない!やり通す!!
これがね、感動なのですよ。
ちょっとできない子の方が「がんばれー!」の声援も大きく盛り上がり、出来たときには大歓声&拍手喝采。
自分の子でもないのに涙を誘うのです。
サクっとできちゃう子は声援はなく拍手だけなんで、ちょっと物足りないっていうね。
普通の運動会とは逆ですね。


自分は出来るのか?出来ないのか?
自分の子は出来るのか?出来ないのか?
子供たちは結構なプレッシャーがあると思うのです。


ムスコも鉄棒の前まわりが出来た後に、

「あぁ〜〜〜、運動会に間に合った〜〜〜!!」

と言って安心したそう。
相当プレッシャーだったんだね。
出来てよかったねがんばったねって思っていた次の日には、逆上がりできちゃったっていう快挙。
ふーーん。
私の子じゃないみたいだ。


というのもワタクシ、逆上がりはクラスで最後の方までできなかったし、産まれてこの方のぼり棒はてっぺんまでたどり着いたことがありません。
なので、この保育園に通ってなくてよかったぁ〜〜と心底思う。
子供たちは立派だ。
みんなキラキラと一生懸命に練習している(ように見える)。
もしかしたら、私みたいに出来なくて「やだな」って思っている子が居るかもしれない。
毎日毎日練習でうんざりかもしれない。
そんな風に思うと切なくなるなぁ。
この競技をみるにつけ、複雑な思いが交差するのです。

 

運動会の本番は、来月。

晴れるといいなぁ〜。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ
にほんブログ村