部屋づくり、おいしいもの、日々の小ネタ。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ
にほんブログ村
もうすぐ運動会です

保育園の運動会は年長が主役。
毎年恒例の種目があり、子供たちは小さなときから年長さんを目標にしている。
親もまた、年長になったらアレをやるのかぁ〜と楽しみにしている。

 

 

そんな恒例の種目とは、

  • 障害物競走
  • リズム・縄跳び
  • リレー

障害物競走(厳密にはひとりずつやるので競争ではない)は、サクっと出来る子も居れば、先生にちょっとお手伝いしてもらう子も居る。
最後まで諦めない!やり通す!!
これがね、感動なのですよ。
ちょっとできない子の方が「がんばれー!」の声援も大きく盛り上がり、出来たときには大歓声&拍手喝采。
自分の子でもないのに涙を誘うのです。
サクっとできちゃう子は声援はなく拍手だけなんで、ちょっと物足りないっていうね。
普通の運動会とは逆ですね。


自分は出来るのか?出来ないのか?
自分の子は出来るのか?出来ないのか?
子供たちは結構なプレッシャーがあると思うのです。


ムスコも鉄棒の前まわりが出来た後に、

「あぁ〜〜〜、運動会に間に合った〜〜〜!!」

と言って安心したそう。
相当プレッシャーだったんだね。
出来てよかったねがんばったねって思っていた次の日には、逆上がりできちゃったっていう快挙。
ふーーん。
私の子じゃないみたいだ。


というのもワタクシ、逆上がりはクラスで最後の方までできなかったし、産まれてこの方のぼり棒はてっぺんまでたどり着いたことがありません。
なので、この保育園に通ってなくてよかったぁ〜〜と心底思う。
子供たちは立派だ。
みんなキラキラと一生懸命に練習している(ように見える)。
もしかしたら、私みたいに出来なくて「やだな」って思っている子が居るかもしれない。
毎日毎日練習でうんざりかもしれない。
そんな風に思うと切なくなるなぁ。
この競技をみるにつけ、複雑な思いが交差するのです。

 

運動会の本番は、来月。

晴れるといいなぁ〜。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ
にほんブログ村
もうすぐ運動会です

保育園の運動会は年長が主役。
毎年恒例の種目があり、子供たちは小さなときから年長さんを目標にしている。
親もまた、年長になったらアレをやるのかぁ〜と楽しみにしている。

 

 

そんな恒例の種目とは、

  • 障害物競走
  • リズム・縄跳び
  • リレー

障害物競走(厳密にはひとりずつやるので競争ではない)は、サクっと出来る子も居れば、先生にちょっとお手伝いしてもらう子も居る。
最後まで諦めない!やり通す!!
これがね、感動なのですよ。
ちょっとできない子の方が「がんばれー!」の声援も大きく盛り上がり、出来たときには大歓声&拍手喝采。
自分の子でもないのに涙を誘うのです。
サクっとできちゃう子は声援はなく拍手だけなんで、ちょっと物足りないっていうね。
普通の運動会とは逆ですね。


自分は出来るのか?出来ないのか?
自分の子は出来るのか?出来ないのか?
子供たちは結構なプレッシャーがあると思うのです。


ムスコも鉄棒の前まわりが出来た後に、

「あぁ〜〜〜、運動会に間に合った〜〜〜!!」

と言って安心したそう。
相当プレッシャーだったんだね。
出来てよかったねがんばったねって思っていた次の日には、逆上がりできちゃったっていう快挙。
ふーーん。
私の子じゃないみたいだ。


というのもワタクシ、逆上がりはクラスで最後の方までできなかったし、産まれてこの方のぼり棒はてっぺんまでたどり着いたことがありません。
なので、この保育園に通ってなくてよかったぁ〜〜と心底思う。
子供たちは立派だ。
みんなキラキラと一生懸命に練習している(ように見える)。
もしかしたら、私みたいに出来なくて「やだな」って思っている子が居るかもしれない。
毎日毎日練習でうんざりかもしれない。
そんな風に思うと切なくなるなぁ。
この競技をみるにつけ、複雑な思いが交差するのです。

 

運動会の本番は、来月。

晴れるといいなぁ〜。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ
にほんブログ村
もうすぐ運動会です

保育園の運動会は年長が主役。
毎年恒例の種目があり、子供たちは小さなときから年長さんを目標にしている。
親もまた、年長になったらアレをやるのかぁ〜と楽しみにしている。

 

 

そんな恒例の種目とは、

  • 障害物競走
  • リズム・縄跳び
  • リレー

障害物競走(厳密にはひとりずつやるので競争ではない)は、サクっと出来る子も居れば、先生にちょっとお手伝いしてもらう子も居る。
最後まで諦めない!やり通す!!
これがね、感動なのですよ。
ちょっとできない子の方が「がんばれー!」の声援も大きく盛り上がり、出来たときには大歓声&拍手喝采。
自分の子でもないのに涙を誘うのです。
サクっとできちゃう子は声援はなく拍手だけなんで、ちょっと物足りないっていうね。
普通の運動会とは逆ですね。


自分は出来るのか?出来ないのか?
自分の子は出来るのか?出来ないのか?
子供たちは結構なプレッシャーがあると思うのです。


ムスコも鉄棒の前まわりが出来た後に、

「あぁ〜〜〜、運動会に間に合った〜〜〜!!」

と言って安心したそう。
相当プレッシャーだったんだね。
出来てよかったねがんばったねって思っていた次の日には、逆上がりできちゃったっていう快挙。
ふーーん。
私の子じゃないみたいだ。


というのもワタクシ、逆上がりはクラスで最後の方までできなかったし、産まれてこの方のぼり棒はてっぺんまでたどり着いたことがありません。
なので、この保育園に通ってなくてよかったぁ〜〜と心底思う。
子供たちは立派だ。
みんなキラキラと一生懸命に練習している(ように見える)。
もしかしたら、私みたいに出来なくて「やだな」って思っている子が居るかもしれない。
毎日毎日練習でうんざりかもしれない。
そんな風に思うと切なくなるなぁ。
この競技をみるにつけ、複雑な思いが交差するのです。

 

運動会の本番は、来月。

晴れるといいなぁ〜。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ
にほんブログ村
もうすぐ運動会です

保育園の運動会は年長が主役。
毎年恒例の種目があり、子供たちは小さなときから年長さんを目標にしている。
親もまた、年長になったらアレをやるのかぁ〜と楽しみにしている。

 

 

そんな恒例の種目とは、

  • 障害物競走
  • リズム・縄跳び
  • リレー

障害物競走(厳密にはひとりずつやるので競争ではない)は、サクっと出来る子も居れば、先生にちょっとお手伝いしてもらう子も居る。
最後まで諦めない!やり通す!!
これがね、感動なのですよ。
ちょっとできない子の方が「がんばれー!」の声援も大きく盛り上がり、出来たときには大歓声&拍手喝采。
自分の子でもないのに涙を誘うのです。
サクっとできちゃう子は声援はなく拍手だけなんで、ちょっと物足りないっていうね。
普通の運動会とは逆ですね。


自分は出来るのか?出来ないのか?
自分の子は出来るのか?出来ないのか?
子供たちは結構なプレッシャーがあると思うのです。


ムスコも鉄棒の前まわりが出来た後に、

「あぁ〜〜〜、運動会に間に合った〜〜〜!!」

と言って安心したそう。
相当プレッシャーだったんだね。
出来てよかったねがんばったねって思っていた次の日には、逆上がりできちゃったっていう快挙。
ふーーん。
私の子じゃないみたいだ。


というのもワタクシ、逆上がりはクラスで最後の方までできなかったし、産まれてこの方のぼり棒はてっぺんまでたどり着いたことがありません。
なので、この保育園に通ってなくてよかったぁ〜〜と心底思う。
子供たちは立派だ。
みんなキラキラと一生懸命に練習している(ように見える)。
もしかしたら、私みたいに出来なくて「やだな」って思っている子が居るかもしれない。
毎日毎日練習でうんざりかもしれない。
そんな風に思うと切なくなるなぁ。
この競技をみるにつけ、複雑な思いが交差するのです。

 

運動会の本番は、来月。

晴れるといいなぁ〜。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ
にほんブログ村
やっぱルビスよりロトだよねって話(習い事と車の話)。

こんばんは。

今日もこんなブログにお越しいただき、ありがとうございます。

 

家族3人で、「ドラクエ」が好きです。

携帯で「星のドラゴンクエスト」をネチネチやっています。

本格的なゲームはマルオが小学校に入ってから、、、と決めています。

任天堂スイッチを購入するつもり。

そのころには市場に出てるかしら〜?

 

 

写真は、「ロト装備に身を包んでいる人」だそうで。

完全に親の血をひいてますな。

 

このところ、マルオの周りのお友達は習い事で忙しくしているよう。

水泳、体操、ピアノ、公文、英会話等々。

マルオはまだ習い事はしていません。

周りの影響でちょっぴり焦った時もあったけど、平日は仕事でかまってあげられないから、土日くらいペッタリとくっついていたいなぁ〜と思ったり。

まぁ、親のエゴですな。

 

就学前のこどもは、

  • 挨拶ができる
  • 食事ができる
  • 身支度ができる
  • 何もないところでも遊ぶ知恵がある

これが出来ればいいのではないか?と。

マルオの場合、ちょっと怪しいところもあるけれど、それなりに出来れば・・・ね。

 

で。

習い事より海行ったり山行ったりしたいっっ!!!って、思っているわけです。

めちゃくちゃインドア派ですが、出かけるのは好きです。

道中、ほとんど熟睡してますけどね(笑)。

 

今乗っている車が古くなったので、新しい車を契約しちゃいまして。

デリカっす。

4WDっす。

ちょっと、プレッシャー感じるくらい、めちゃくちゃアウトドア派な車を購入したワケです。

これで、雪山行かなかったら笑われるぜ?ってことなのです(ダンナと行ったことない)。

10年間はこの車でいろんなところへ出かけよう!!って妄想も入っているのです。

 

しかし、10年後っていったらマルオは15歳。

盗んだバイクで走り出しちゃってるかもしれないお年頃。

そのころは親と出かけることなんてなくなってるかもしれないけどね。

まぁ、いいんです。

その時々で楽しいことがあれば。

 

今年は保育園最後の年。

保育園以外にもたくさんのイベントが待ち構えていますよー!

楽しみだ!!

 

※ロト装備を作成している写真は、三菱のディーラーでっす。

 

おしまい。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ
にほんブログ村